×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  逆流性食道炎症状»  夜半の激しいせき込みは逆流した胃酸が気管に入ったもの・・要注意です!

夜半の激しいせき込みは逆流した胃酸が気管に入ったもの・・要注意です!

夜半の激しいせき込みは逆流した胃酸が気管に入ったもの・・要注意です!

 先日いらしたお客様に逆流性食道炎のお話をしたら、「その病気かどうか知らないけど、夜中に信じられない様な咳に襲われ、大変苦しい思いをした」と返されました。

 「まず間違いなく、逆流した胃酸が気管に入ったものですね」と言ったら、凄く納得されていました。

 

 「酸っぱい物でした」

 

 だったそうです。

 

 咳が出て、気管に入った胃酸を押し戻したから良い様なものの、最悪、それが原因で肺炎になってしまいます。

 「誤嚥性肺炎」ですね。

 

 胸焼けなどのはっきりとした自覚症状が無い場合でも、寝ているときに胃酸が逆流している場合もあるんですよね。

 

 気を付けましょう。

 

 

2019-09-09 09:10:00

逆流性食道炎症状   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

お問い合わせ

TEL 0256-46-4931 0256-46-4931
営業時間 11:00~16:00 / 定休日 水曜日・木曜日(祝日の場合は営業いたします)
FAX 0256-46-4932 ※FAXは24時間対応

お問い合わせフォーム