×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  逆流性食道炎症状»  逆流性食道炎とうつ病との関係

逆流性食道炎とうつ病との関係

逆流性食道炎とうつ病との関係

  逆流性食道炎の原因はストレスから?うつ病との関係は?

https://tikitiki-life.com/1559.html

 

 

 逆流性食道炎を発症している人は、うつ病になる確率がそうで無い人より30%多いという結果が出ているそうです。

 

 その要因は様々で、そもそも逆流性食道炎の原因がストレスだった場合はもっとも顕著だと思います。

 医者から「ストレスが原因」だと告げられた途端にプツンとうつに陥ったりするのでしょうかねぇ。

 

 他にも、夜半の胸やけに悩まされ、睡眠時間が極端に減ってしまう事も挙げられます。

 私の様に、晴耕雨読みたいな生活をしている人間は、八時半には寝てしまい、三時ごろに胸焼けで目が覚めても、睡眠時間は十分ですから、胸焼けだけなんとか白湯を飲むとかで切り抜ければ、さほど苦になりません。

 ま、すのこの効能もありますがね。

 

 他にも、常に胸の付近が重い感じがするとか、ストレスの解消に効くとするコーヒーやお酒も控える必要があるとか、食事もそうですね、思いっきり食べられないとかね。

 (私も好物の鶏のから揚げを思い切り食べられないのは多少のストレスです 笑)

 

 この様に、逆流性食道炎とストレスは、それなりの関連性があり、高じるとうつ病を誘発する危険性も考えられる・・・ということなんでしょう。

 

 大きな症状として、胸焼けや、酸っぱい物がこみ上げる、空咳が出る等が抑えられればストレスも減って行きます。

 

 

 私は、現在は全く薬も飲まず、早めの夕食をよく噛んで食べる程度で、お酒もほとんど控えない生活を送ることが出来ています。

2019-08-15 08:50:36

逆流性食道炎症状   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

お問い合わせ

TEL 0256-46-4931 0256-46-4931
FAX 0256-46-4932 ※FAXは24時間対応

お問い合わせフォーム