×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  逆流性食道炎症状»  夜中の胸焼けは逆流性食道炎を疑うべし

夜中の胸焼けは逆流性食道炎を疑うべし

夜中の胸焼けは逆流性食道炎を疑うべし

胃癌の心配もなくなって、アレもアノ後も臭くなくなって、女房殿や娘たちから、これでもかというほど嫌な顔を向けられる機会も減りました。

 

実はわたくし、ものすごくお酒が好きなんです。

そう、我が家には日本酒は美味しい新潟の〆張鶴や、北雪、ウイスキーはサントリーの白角やベンチマークやIWハーパーなどのバーボンに加え、焼酎や紹興酒、ワインもBOXタイプのやつが常備されています。

 

んでもって、晩御飯のメニューによって飲み分けるって感じなんですが、結構好きなのはケンタッキーフライドチキンに、バーボンのロックだったんです。

 

でも、その頃、その組み合わせだと、必ずと言って良い程夜中の3時頃、胸やけで目が覚めるようになってしまう事に気が付きます。

 

所がある夜、そんなメニューでもないのに、真夜中に物凄い胸やけで目が覚めたんです。

はっきり言って、これはヤバイというレベルでした。

 

慌てて階下に降りて、胃腸薬を飲んで様子を見ました。

 

ところが、一向に胸やけが収まる気配もなく、まんじりともせずに夜が明け、時間を見ながらピロリ菌を除去した医者に駆け込みました。

 

そこで言われた言葉が「逆流性食道炎ですね」だったんです。

 

続く

2019-06-20 09:19:11

逆流性食道炎症状   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

お問い合わせ

TEL 0256-46-4931 0256-46-4931
FAX 0256-46-4932 ※FAXは24時間対応

お問い合わせフォーム